胃・大腸カメラ(内視鏡)検査のタイミング④

最近、下痢が多い

大腸がんになると下痢のような症状が出ることもあります。大腸がんが進行すると、大腸が狭くなるため便が滞り、少しずつ数回に分けて便意をもよおすことがあります。この症状を下痢と勘違いしてしまう場合があります。
他の原因としては、炎症性疾患(細菌やウイルスの感染、クローン病、潰瘍性大腸炎)や過敏性腸症候群(ストレスや不安が原因)等が考えられますが、大腸内視鏡検査がこれらの判断には有効です。

東京都目黒区下目黒、目黒駅、祐天寺駅、学芸大学駅、不動前駅から徒歩圏、医学博士・専門医のいる目黒通り消化器外科・内科クリニックでは、
苦痛の少ない胃カメラ(内視鏡)・大腸カメラ(内視鏡)検査、乳腺エコー検査、腹部エコー検査によるがんや異常の検査が可能です。
食道炎、胃潰瘍、胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃十二指腸ポリープ、慢性胃炎、腸炎、肝炎、膵炎、胆石、急性痔、痔、胆のう炎、便秘、下痢、嘔吐、腹痛、
風邪、発熱、下痢、嘔吐、インフルエンザ、扁桃腺炎、気管支ぜんそく、咳ぜんそく、花粉症、アレルギー麻疹、風疹、蕁麻疹、膀胱炎、体重減少、立ちくらみ、食欲不振・減退、生活習慣病、予防接種、
AGA、乳腺、プラセンタ注射、にんにく注射まで幅広い診療を行っております。
まずはお気軽に目黒通り消化器外科・内科クリニックへご相談ください。