大腸カメラ(下部内視鏡)検査とは

大腸カメラ検査は、正式には下部消化管内視鏡検査と呼ばれ、内視鏡を肛門から挿入し、盲腸から肛門までの大腸のすべてを直接観察することで、大腸ポリープや炎症疾患などの病気を診断することができる検査です。一部の大腸ポリープは大腸がんに発展する場合が多く、大腸ポリープを発見・治療することができる大腸カメラ検査は大腸がんの予防・早期治療において大きな効果を発揮する検査といえます。目黒通り消化器外科・内科クリニックでは大腸カメラ検査中に大腸ポリープが見つかった場合、可能な限りその場でポリープ切除を行います。大腸カメラは今やさまざまな病院で受けられる非常にメジャーな検査で、比較的安全に行えることのできる検査ではありますが、患者様のお体に負担が全くのゼロではありません。検査の前には医師より丁寧に検査の説明をさせていただき同意を頂き、ご納得頂いた上で検査を行います。お腹の症状や内視鏡検査に関してわからないことがあればお気軽にご相談ください。

当院の大腸カメラ(下部内視鏡)検査の特徴

  • 経験豊富な専門医が苦痛を最小限に抑えます

当院では医学博士である消化器外科学会専門医が精度の高い安全な検査を行います。医学博士かつ専門医の経験を生かした丁寧な内視鏡操作をもとに、ご希望に合わせて鎮静剤を使用しほとんど眠った状態で内視鏡検査が可能です。安全性を最重視し、使用する薬剤の種類や量は、個人に合わせたオーダーメイド方式で行います。

  • 大腸ポリープ切除も可能

大腸ポリープは形態・大きさによっては日帰り手術で対応が可能であり、当院では日帰りの内視鏡的ポリープ切除術を行っています。検査時にポリープが発見された場合、内視鏡の先端から専用の切除器具を出して、その場でポリープを切除することも可能です。大腸がんの原因は、大腸ポリープから発展するものが多く、そのポリープを切除することで未然にがんを防ぐことが出来ます。またポリープを切除しても入院の必要がなく、その日のうちにご帰宅いただけます。明らかに癌を疑う場合、ポリープのサイズが大きい場合や数が多い場合は提携病院をご紹介させていただきます。

  • 丁寧な結果説明と健康相談

「問題ありませんでした。」などと簡単な説明で検査が終わることはありません。検査後には撮影した内視鏡画像を一緒に見ながら、「なぜ大丈夫なのか?」「今後はどのようにすれば良いか」など医師が丁寧にご説明いたします。ご質問があれば遠慮なくお聞きください。内視鏡検査によりご自身の現状を把握し、人生をより豊かにするお手伝いをさせていただきます。

大腸カメラ(下部内視鏡)検査で発見可能な病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • 直腸カルチノイド
  • 大腸脂肪腫
  • クローン病
  • 直腸潰瘍
  • 虚血性腸炎
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室

「大腸がん」は早期発見と適切な治療で完治可能な病気ですし、がんに変わる可能性があるポリープを切除することで予防も可能です。早期の「大腸がん」は自覚症状がほとんどありません。大腸カメラ(内視鏡)検査以外では早期の「大腸がん」を発見することは困難です。「大腸がん」の早期発見には、定期的な大腸カメラ(内視鏡)検査が必要なのです。大腸カメラ(内視鏡)検査では、大腸内を直接観察できますし、検査中に疑わしい部分の組織を採取できるため、生検(検査)による確定診断が可能です。近年増加傾向にある潰瘍性大腸炎やクローン病などの指定難病でも、適切な治療を行って、良い状態を保っていくためには大腸カメラ(内視鏡)検査が不可欠です。

なお、「大腸がん」リスクが高くなるのは40歳からなので、大腸カメラ(内視鏡)検査が必要なタイミングとして40歳を超えたら大腸カメラ(内視鏡)検査を検討するようお勧めしております。

また、下痢、血便、食欲不振、体重減少、ご家族に大腸がんになった方がいるという場合には、40歳前であってもできるだけ早く大腸カメラ(内視鏡)検査を受けるようにしてください。

大腸カメラ(下部内視鏡)検査の流れ

①ご予約

当院では皆様の安全と正確な検査のために、原則として初診での当日検査は行っていませんので、まずは診察を受けていただいてからのご予約をお願いしております。初診では検査や事前準備、ポリープ切除を行った場合の制限について詳しくご説明した上で検査スケジュールを決めていただき、後日改めて検査となります。またご予約時に、感染症の有無を調べるために採血をさせて頂く場合があります。まずは診察のご予約はお電話またはWEB予約にてお申込みください。

※無断キャンセルについて

当日無断キャンセルされた場合は、今後当院での診察を一切受けることが出来かねます。ご都合が悪くなってしまった場合は、必ずお電話にてご連絡いただけるよう宜しくお願い致します。

初診

検査についてご説明し、既往症などについてくわしく伺っていきます。それ以外にも、服薬や前日の事前準備についても丁寧にご説明しています。また、検査中にポリープ切除を行った場合には、数日から1週間程度、食事や運動などに一部制限がありますので、そのような説明もしっかりお伝えしています。

※普段、服用されているお薬について

大腸カメラ(内視鏡)検査では疑わしい部分があった場合、組織を採取して生検(検査)を行い、発見した大腸ポリープを切除する日帰り手術を検査中に行うこともあります。バイアスピリン、ワーファリンなどの血液をサラサラにする抗凝固薬などを服用している場合、組織採取やポリープ切除の際に出血が止まらなくなる可能性がゼロではありません。初診の時に服用されているお薬について伺いますので、お薬手帳をお持ちいただくか、飲んでいるお薬をご持参ください。

※食事制限や下剤による腸洗浄について

大腸カメラ(内視鏡)検査では、腸をきれいにしないと見落としを起こす可能性があります。そのため、前日からの食事制限や腸内をきれいにする下剤による腸洗浄を行います。初診時にこうした事前準備について詳しくお伝えしています。検査前日に食べていただくメニューや食材をお伝えします。

検査前日

初診時にお伝えした食材を使ったお食事を夜9時までに食べ、それ以降は絶食です。

水分摂取は、水や薄いお茶など透明なものを飲んでください。普段飲んでいる薬がある方は、初診時の指示に従って服薬・休薬してください。

検査当日

朝食は絶食です。

水分は、水や薄いお茶など透明なものをたっぷり飲んでください。

普段飲んでいる薬がある方は、初診時の指示に従って服薬・休薬してください。

検査の4時間前から、検査する大腸内を綺麗にするために、お渡しした下剤の内服をしていただきます。(下剤の量は患者様に合わせて異なり、最大でも2Lとなります。)自宅・もしくはクリニックで内服をしていただきます。便が透明になってきたら検査可能のサインです。排便の性状によって追加の洗浄液を飲んでいただきます。

鎮静剤を使った検査をご希望される方は、ご本人が車・バイク・自転車を運転してのご来院はしないでください。なお、可能でしたら、ご家族の付き添いがあるとご安心いただけます。

検査

検査着に着替えます。

鎮静剤を使った検査をご希望の場合には、事前に投与します。

検査時間は20分程度ですが、組織採取やポリープ切除を行った場合にはもう少し時間がかかります。

検査後

検査後は少しお休みいただいてから、医師が結果をわかりやすくご説明しています。鎮静剤を使用した検査の場合は、リカバリールームで1時間ほどお休みいただいてからのご説明となります。当日ではなく後日のご説明も可能ですが、当日必要な注意事項はしっかり当日にお伝えしています。ポリープなどの切除をした場合は、病理検査を行いますので後日改めて受診していただき、病理検査を含めた結果説明をさせていただきます。また、検査後に内服薬の処方などを行うこともあります。

※検査後の飲食について

検査後は、食事や水分摂取に制限はありません。大腸カメラ検査では前日から食事制限があり、腸管洗浄液を服用するため、検査後は低血糖や脱水を起こしやすい状態です。検査が終了して医師の確認後は、できるだけたくさん水分をとって、甘いものを食べ、低血糖や脱水を予防してください。ただし、ポリープ切除の日帰り手術を行った場合には、食事を含めた制限がありますので、検査後に詳しくご説明しています。制限の制限は長くても1週間程度です。