身近な『体の悩み』に
お応えします

消化器外科専門医による最新鋭の”苦痛の少ない”『胃・大腸カメラ(内視鏡)』・『エコー』と専門性の高い『内科』、『消化器(口~肛門)外科』領域の診療を行います。 風邪などの急性疾患の早期診断・治療、生活習慣病などの慢性疾患の治療・管理、がんや体の異常を早期発見し、みなさまの健康な生活を支えます。

消化器(口~肛門)の診療

便秘、痔、がん、お任せください

「おなか」の調子が悪い方(胃痛、胸焼け、胃もたれ、つかえ感、吐気、嘔吐、食欲不振、消化不良、体重減少、便秘、下痢、不快感など)の、原因を究明し治療を行います。”苦痛の少ない”『胃・大腸カメラ(内視鏡)』・『エコー』等を用いて、大きな病院に行かなくても、日帰りで気軽に外科的診療を受けられ、「がん」や「体の異常」を早期に対処します。 また外科学会専門医ならではの肛門診療も可能なので、「痔」などのお悩みもご相談ください。

関連症状

一般的な内科全般の診療

風邪、生活習慣病、お任せください

風邪症状(せき、たん、鼻水、発熱、頭痛、のどの痛みなど)や、生活習慣病(メタボリックシンドローム、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、脂質異常症)に対する食生活へのアドバイスなど、内科全般の診療を行います。 ただ単に薬の処方をするだけではなく、風邪の引きづらい生活習慣の改善方法や、『エコー』検査により身体の状態を定期的にチェックすることで、手遅れになることを防ぎます。

関連症状

  • 風邪
  • 発熱
  • 下痢
  • 嘔吐
  • インフルエンザ
  • 扁桃腺炎
  • 気管支ぜんそく
  • 咳ぜんそく
  • 花粉症
  • アレルギー
  • 麻疹
  • 風疹
  • 蕁麻疹
  • 膀胱炎
  • 体重減少
  • 立ちくらみ
  • 食欲不振・減退
  • 生活習慣病
  • 予防接種

自由診療

プラセンタ、にんにく注射、お任せください

プラセンタは、赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤から抽出された成分で、各種成長因子などが豊富に含まれており、体内に直接取り入れることで新陳代謝が促進され細胞が活性化されます。そのため、アンチエイジングや、疲労回復などに効果があります。また、更年期障害による諸症状の改善にも効果があります。 美容に関しても、美肌・美白効果、乾燥肌改善などが期待できます。 にんにく注射は、疲労回復に重要なビタミンB1を始めとする様々なビタミン類を豊富に含む栄養注射のことです。実際ににんにくを注射するわけではありませんが、注射後には軽くにんにくに似た匂いを感じることがあります(匂い自体は数分で消失しますのでご安心ください)。

関連ページ

胸(乳腺)の診療

胸のしこり、お任せください

乳房やわきにしこりがある、乳房の大きさに左右差がでてきた、乳頭から血性の分泌物がある、乳房の肌が赤みを帯びてきたなどの症状がある方や、特に上記のような症状がない方でも診療を希望される方を対象に、視触診および乳房超音波による精密検査を行います。乳房の超音波検査は、痛みがなく、また放射線被爆の心配がないため、安心して検査を受けていただけます。また検査中もリアルタイムで確認することができ、当日検査結果をご説明します。

AGA治療

AGA、お任せください。

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。 成人男性によくみられる髪が薄くなる状態で、思春期以降に頭頂部や額の生え際の髪が薄くなっていきます。AGAの原因は、一般的に遺伝や生活習慣(ストレス、食事の乱れ、喫煙など)、男性ホルモンの影響などが考えられています。 AGAは進行性のため、なにもしないでおくと徐々に髪の毛が減り続け、薄くなっていきます。AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。AGAはゆっくりと進行していきますが、薄毛になったとしても、まだうぶ毛は残っています。毛包が存在していれば、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。 当院では、脱毛抑制薬としてプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)を扱っております。フィナステリドにはII型5αリダクターゼを阻害する作用によって、DHTの発生を抑制し、結果脱毛を抑制する効果が期待できます。

信頼できる医療機器で診療します

最新鋭の”苦痛の少ない”『胃・大腸カメラ(内視鏡)』システムや超音波画像診断装置『エコー』、『画像ファイリング』を導入することで、より精度の高い診療を可能にします。 また『内視鏡洗浄機』や高圧蒸気滅菌機『オートクレーブ』、『超音波洗浄機』による感染対策を徹底している為、安心・安全な医療を提供することが可能です。

一般診療3

胃・大腸カメラ(内視鏡)システム

『極細スコープ』を用いた”苦痛の少ない”『胃・大腸カメラ(内視鏡)』検査や、ご希望の方には鎮静剤を使用して”寝ている間に終わる”『胃・大腸カメラ(内視鏡)』検査が可能です。

超音波『エコー』システム

超音波画像診断装置『エコー』は、苦痛がない非侵襲(体への器具の挿入を必要としない)検査であり、気軽に受けられます。検査時間も従来と比べ、大幅に短縮されています。

安心の『洗浄機』『滅菌機』

『内視鏡洗浄機』に加え、高圧蒸気滅菌機『オートクレーブ』や『超音波洗浄機』を導入しています。安心していただけるように、衛生管理と感染対策を徹底します。