胃カメラ(上部内視鏡)検査とは

胃カメラ検査は、正式には上部消化管内視鏡検査と呼ばれ、内視鏡を口(経口)または鼻(経鼻)から胃の中に入れ、先端についている超小型のカメラで食道、胃、十二指腸の中の様子を直接モニター画面に表示させて観察する検査です。内視鏡では詳細な検査を行うことができ、検査中に病変を内視鏡で採取して生検(検査)ができるため、確定診断が可能です。当院では、ほとんど苦痛なく受けることができるような設備を整えております。

当院の胃カメラ(上部内視鏡)検査の特徴

  • “オエッ”という嘔吐感が起きにくい『極細スコープ』を導入

当院では、検査に対する苦痛を軽減するため、経鼻内視鏡検査で用いる、最新型の極細スコープ(外径約5mm)を用いて検査を行っております。 より楽に検査が受けられ、検査が終わり次第すぐに帰れる為、忙しい方でも気軽に受けられます。

  • ウトウトした状態で受けられる無痛の内視鏡

希望される方には、胃内視鏡検査の前処置に少し眠たくなる静脈注射をして、ほとんど眠った状態で内視鏡検査を行うことも可能です。(胃内視鏡検査をしたことも覚えていない方もいらっしゃいます。)安全性を最重視し、使用する薬剤の種類や量は、個人に合わせたオーダーメイド方式で行います。

  • 徹底した衛生管理と感染対策

『内視鏡洗浄機』に加え、高圧蒸気滅菌機『オートクレーブ』や『超音波洗浄機』を導入しています。スタッフ全員が清潔に関する高い意識を保って、厳密な衛生管理を行っております。

胃カメラ(上部内視鏡)検査で発見可能な病気

  • 胃がん(早期、進行、スキルス)
  • 咽頭がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 食道・咽頭乳頭腫
  • 食道静脈瘤
  • 食道粘膜下腫瘍
  • 食道異物
  • 胃炎(表層性、萎縮性、鳥肌)
  • 胃線腫
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃底腺ポリープ
  • 胃静脈瘤
  • 胃憩室
  • アニサキス症
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸ポリープ

※内視鏡検査中に組織を採取してピロリ菌感染の有無を調べることもできます。

「胃がん」は早期発見と適切な治療で完治可能な病気ですが、早期の「胃がん」は自覚症状がほとんどありません。内視鏡検査以外では早期の胃がんを発見することは困難です。「胃がん」の早期発見には、定期的な内視鏡検査が不可欠です。内視鏡検査は粘膜を直接観察でき、検査中に疑わしい部分の組織を採取できるため、生検(検査)による確定診断が可能です。「胃がん」だけでなく、「十二指腸がん」、「食道がん」、「咽頭がん」、「喉頭がん」などの発見にも役立ちます。

なお、「胃がん」リスクが高くなるのは40歳からと言われており、胃カメラ検査が必要なタイミングとして40歳を超えたら胃カメラ検査を受けるようおすすめしております。

また、胃痛・胃もたれ・胸やけが起こりやすい、食欲が落ちた、ピロリ菌陽性を指摘された、ご家族に「がん」になった方がいるという場合には、年齢に関係なく40歳前であってもできるだけ早めに胃カメラ検査を受けてください。

緊急時には医師の判断により、受診当日の検査も行なっております。

胃カメラ(上部内視鏡)検査の流れ

①ご予約

当院では皆様の安全のため、まずは診察にて医師に相談の上、検査のご予約をお取りすることをお勧めしております。診察を受けずに検査のご予約をお取りすることも可能です。検査予約はお電話またはWEB予約にてお申込みください。

※普段、服用されているお薬について

胃カメラ(上部内視鏡)検査中に疑わしい部分が発見された場合、組織を採取して生検を行います。バイアスピリン、ワーファリンなどの血液をサラサラにする抗凝固薬などを服用している方は、組織を採取した際に出血が止まらなくなる可能性がゼロではありません。検査前の診療時に服用されているお薬を伺いますので、お薬手帳をお持ちいただくか、飲んでいるお薬をご持参ください。

※無断キャンセルについて

当日無断キャンセルされた場合は、今後当院での診察を一切受けることが出来かねます。ご都合が悪くなってしまった場合は、必ずお電話にてご連絡いただけるよう宜しくお願い致します。

検査前日

夜9時くらいまでに軽く夕食をとられましたら、夜9時以降は何も食べないでください。

水分摂取は、水や薄いお茶など、透明なものを飲んでください。

検査当日

午前検査予約の方は朝食を食べずにご来院ください。午後検査予約の方は軽めの朝食(いつもの半分くらい)を遅くても朝7時までに摂取してください。

水分摂取は、水や薄いお茶など透明なものを飲んでください。

予約時間の15分程前にご来院いただき、受付にお声がけください。

なお、鎮静剤を使った検査をご希望の場合、車・バイク・自転車を運転してのご来院はできません。できましたら、ご家族の付き添いがあるとご安心いただけます。

検査

事前準備として、鼻や喉への局所麻酔を行います。

鎮静剤を用いた検査の場合は、点滴を入れて静脈注射で鎮静剤を投与します。

胃カメラ(上部内視鏡)検査は、ほとんどの場合、10分程度で終わります。組織採取などを行った場合には、もう少し時間がかかります。

検査後

検査後、そのまますぐにお帰りの支度をしていただき、医師が結果をわかりやすくご説明します。検査画像もご覧いただけます。検査内容などによっては注意事項などもお伝えしています。当日ではなく後日のご説明も可能ですので、遠慮なくお申し出ください。鎮静剤を使用した場合は、検査後「専用リカバリールーム」でしばらくお休みいただいてからのご説明となります。

なお、検査で炎症や潰瘍などが見つかった場合には、検査後に内服薬の処方などもしています。

※検査後の飲食について

お食事や水分補給は局所麻酔の効果がなくなってから可能です。経鼻検査で1時間後、経口検査ではもう少し時間がたってからになります。ただし、最初は水を少しだけ飲んで様子をみて、異常がないことを慎重に確かめてください。